骨董品買取 美術品買取り│西東京市「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

西東京市にて骨董品・美術品の買取をしています。

骨董品買取・美術品買取 麻布マーケットでは、東京都西東京市で骨董品・美術品・古美術品・掛け軸・古道具・茶道具・書道具・陶器・茶椀・仏像などの買取をおこなっています。経験、知識豊富な骨董の鑑定士が、眠っているお客様の大切な骨董品・美術品を丁寧にしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。



大切に保管されている骨董品・美術品、または、しまったままの茶道具や書道具・骨董品・香木・珊瑚などがございましたら、鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

麻布マーケットの強みとして、骨董品・美術品に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。


主な買取品目

骨董品、美術品、古美術品、茶道具、金瓶、銀瓶、鉄瓶、茶釜、金茶釜、銀茶釜、火鉢、瀬戸火鉢、長火鉢、現代美術品、浮世絵、絵画、書画、古書画、陶磁器、日本絵画、壺、版画、原画、掛け軸、曼荼羅、茶碗、壷、香木、香炉、香合、茶入、釜、風炉、茶杓、花器、水指、置物、木彫、根付、仏像、密教法具、宗教法具、仏画、七宝、漆芸、工芸品、象牙、金工、金襴手、古伊万里、ガラス、古道具、鎧兜、甲冑、鉄砲、翡翠、珊瑚、赤珊瑚、珊瑚ジュエリー、金、プラチナ、弓具、太鼓、琵琶、尺八など

骨董品 出張買取エリア 東京都西東京市

出張買取 エリア(東京都西東京市は即日対応可能)

東京 西東京市の主な地名
泉町、北原町、栄町、芝久保町、下保谷、住吉町、田無町、東伏見、ひばりが丘、向台町、谷戸町

西東京市は、となりあった田無市と保谷市が合併してできました。
鎌倉時代、武蔵野台地にも様々な武士団が形成され、鎌倉へ通じる街道とし て鎌倉街道がつくられました。 市域でも大きな武士団のいた八王子とを結ぶ横山道がつくられました。この横山道が 通る谷戸地域では、「延慶の板碑 」をはじめ、いくつもの板碑が発見されています。この地域は前述の宙水地帯にあたり、浅井戸を掘ることができる地域です。 下保谷の荒屋敷周辺も同様の条件を持つ地域であり、14 世紀初頭の板碑が数多く発見されています。しかし、この地域で発見される板碑は全てが日蓮宗に関わる文字板碑であり、市内の他の地域とは異なる信仰、文化を有していたことがわかります。
江戸時代には、徳川家康は江戸に入府することが決まると、まず初めに、江戸との交通網である街道と上下水道の整備を命じます。1606 年に青梅街道が開通すると、青梅から江戸への中継地点であった箱根ヶ崎と中野のほぼ中央にあたる田無に、当時の移動手段であった馬の乗り換え等のため、谷戸地域から人々が移住させられ、田無宿が置かれました。近世村落としての田無村の登場です。青梅街道は武蔵野諸村と江戸方面 を結ぶ大動脈として重要な役割を果たし、舟運や、明治に入ってからの鉄道輸送にとっ て代わられるまで田無村発展の大きな原動力となりました。
2つの市が合併する話は、古くは明治23年ごろにありました。田無市は江戸時代、青梅街道の宿場町、そして北多摩地区の人々の生活をささえる商業の町として栄えてきました。
昭和に入ってから、鉄道の開通、あいつぐ工場の進出などにより町は活気をおびました。また西武新宿線で都心へ20分と交通の便にもめぐまれ、戦後は公団住宅や都営住宅、民間住宅の建築がさかんに行われました。都市としての条件のととのった昭和42年に市となりました。東京で16番目、全国で563番目の市です。当時の人口は52284人でした。
そんな西東京市に眠る、時代のお品、骨董品をお持ちの方は、「麻布マーケット」へご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP