骨董品買取 美術品買取り│西多摩郡(瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町)「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

西多摩郡(瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町)にて骨董品・美術品の買取をしています。

骨董品買取・美術品買取 麻布マーケットでは、東京都西多摩郡(瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町)で骨董品・美術品・古美術品・掛け軸・古道具・茶道具・書道具・陶器・茶椀・仏像などの買取をおこなっています。経験、知識豊富な骨董の鑑定士が、眠っているお客様の大切な骨董品・美術品を丁寧にしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。



大切に保管されている骨董品・美術品、または、しまったままの茶道具や書道具・骨董品・香木・珊瑚などがございましたら、鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

麻布マーケットの強みとして、骨董品・美術品に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。


主な買取品目

骨董品、美術品、古美術品、茶道具、金瓶、銀瓶、鉄瓶、茶釜、金茶釜、銀茶釜、火鉢、瀬戸火鉢、長火鉢、現代美術品、浮世絵、絵画、書画、古書画、陶磁器、日本絵画、壺、版画、原画、掛け軸、曼荼羅、茶碗、壷、香木、香炉、香合、茶入、釜、風炉、茶杓、花器、水指、置物、木彫、根付、仏像、密教法具、宗教法具、仏画、七宝、漆芸、工芸品、象牙、金工、金襴手、古伊万里、ガラス、古道具、鎧兜、甲冑、鉄砲、翡翠、珊瑚、赤珊瑚、珊瑚ジュエリー、金、プラチナ、弓具、太鼓、琵琶、尺八など

骨董品 出張買取エリア 東京都西多摩郡(瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町)

出張買取 エリア(東京都西多摩郡(瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町)は即日対応可能)

東京 西多摩郡(瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町)の主な地名
瑞穂町(石畑、駒形富士山、殿ヶ谷、長岡下師岡、二本木、箱根ヶ崎、南平、武蔵)
日の出町(大久野、平井)
桧原村(小沢、数馬、神戸、倉掛、人里、三都郷、本宿)
奥多摩町(海沢、梅沢、大丹波、川井、河内、白丸、棚沢、丹三郎、留浦、氷川)

西多摩郡(にしたまぐん)は、東京都に現存する唯一の郡である。かつては神奈川県、東京府に属していました。
西多摩郡いあたる地域は武蔵国といわれ、中世の武蔵国は、武蔵七党とよばれる武士団が活躍する時代でした。鎌倉幕府成立に際しては、関東武士が大いに活躍し、幕府の要職を占めました。その後、1333年に鎌倉幕府が滅び室町幕府が成立するが、関東には小幕府ともいうべき鎌倉府が置かれ、政権は安定しませんでした。 そして、15世紀半ばには、他地方に先んじて戦国時代を迎え、関東武士は合従連衡を繰り返します。16世紀になると後北条氏が南関東から勢力を広げ、16世紀後半には多摩地方は後北条氏の支配下に置かれました。
1590年、豊臣秀吉が天下統一し、徳川家康が三河から関東に移封になると、家康は江戸城を居城とし、城周辺の整備を進めます。江戸城は大改修され、建物外壁の造成のために大量の漆喰が必要となり、現青梅市成木で産する石灰が建材として運ばれました。
このために整備されたのが、青梅から江戸を結ぶ瑞穂町内を東西に走る大江戸街道で、箱根ケ崎村は石灰運搬の中継地となりました。
現青梅街道(下街道)でも石灰は運ばれたようです。江戸時代中期には、新田開発がさかんに行われました。
江戸幕府が倒れ、明治政府が成立すると、瑞穂町などでは、茶と絹糸が主用輸出品となり、狭山丘陵南麓でも養蚕や製茶を盛んとする努力がなされました。
そんな西多摩郡(瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町)に眠る、時代のお品、骨董品をお持ちの方は、「麻布マーケット」へご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP