骨董品買取 美術品買取り│府中市「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

府中市にて骨董品・美術品の買取をしています。

骨董品買取・美術品買取 麻布マーケットでは、東京都府中市で骨董品・美術品・古美術品・掛け軸・古道具・茶道具・書道具・陶器・茶椀・仏像などの買取をおこなっています。経験、知識豊富な骨董の鑑定士が、眠っているお客様の大切な骨董品・美術品を丁寧にしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。



大切に保管されている骨董品・美術品、または、しまったままの茶道具や書道具・骨董品・香木・珊瑚などがございましたら、鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

麻布マーケットの強みとして、骨董品・美術品に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。


主な買取品目

骨董品、美術品、古美術品、茶道具、金瓶、銀瓶、鉄瓶、茶釜、金茶釜、銀茶釜、火鉢、瀬戸火鉢、長火鉢、現代美術品、浮世絵、絵画、書画、古書画、陶磁器、日本絵画、壺、版画、原画、掛け軸、曼荼羅、茶碗、壷、香木、香炉、香合、茶入、釜、風炉、茶杓、花器、水指、置物、木彫、根付、仏像、密教法具、宗教法具、仏画、七宝、漆芸、工芸品、象牙、金工、金襴手、古伊万里、ガラス、古道具、鎧兜、甲冑、鉄砲、翡翠、珊瑚、赤珊瑚、珊瑚ジュエリー、金、プラチナ、弓具、太鼓、琵琶、尺八など

骨董品 出張買取エリア 東京都府中市

出張買取 エリア(東京都府中市は即日対応可能)

東京 府中市の主な地名
押立町、片町、寿町、小柳町、是政、白糸台、浅間町、天神町、日鋼町、八幡町、晴見町、美好町、紅葉丘、四谷

西暦645年、大化の改新により、府中市にあたる地域に武蔵国の国府が置かれ、早くから政治、経済、文化の中心地として栄えてきました。鎌倉時代末期は合戦の舞台となり、江戸時代には甲州街道の宿場町として栄え、明治以降は郡役所が置かれるなど、多摩地域の中心として歴史的役割を担ってきました。
1590年、5代100年にわたって関東に君臨した後北条氏滅亡後、徳川家康が関東に入り江戸を本城としました。これを江戸御打入りとよばれています。六所宮は関ヶ原合戦の家康の戦勝を日夜祈願を行い、戦後、この祈願成就の功により、二条の馬場とけやきの苗が補植されたといわれ、これが現在もけやき並木があります。また、府中は放鷹を通じて家康と関係深い土地でもありました。
江戸幕府の交通網の中心は、東海道・中山道・日光道中・甲州道中・奥羽道中の五街道です。この五街道のひとつ甲州道中は江戸と甲府つなぐ幹線道路で、府中宿は大きな宿場町でありました。府中宿は府中本町、馬場宿、新宿の三町で形成されていました。
明治末期から昭和にかけての約30年間は、鉄道をはじめとするおもな施設がつぎつぎと設けられました。第一次世界大戦を契機に急速に発展し、産業の構造面においても農業に対して工業の優位を決定的なものにしました。
次に、大正5年新宿~府中間に京王電気軌道、大正11多摩鉄道が開通。南武鉄道も立川まで延長され、昭和4年12月全線開通し、昭和19年国有鉄道となり現在に至ってます。
そんな府中市に眠る、時代のお品、骨董品をお持ちの方は、「麻布マーケット」へご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP