着物買取 多摩市「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

多摩市にて着物、帯、反物の買取をしています。

着物買取 麻布マーケットでは、多摩市で着物、帯、反物、帯留め等の買取をおこなっています。経験、知識豊富な専門の鑑定士が、箪笥に眠っているお客様の大切な着物をしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきます。シミ、汚れなどありましてもお気軽にお問い合わせください。結城紬、上布、龍村帯、川島帯、大島帯紬、黒留袖、色留袖、辰袖、訪問着、色無地、喪服、小紋、紬、浴衣、加賀友禅、宮古上布、名匠のきもの(人間国宝、伝統工芸)高価買取中です。



麻布マーケットでは、着物の専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。

着物の処分と共に不要となった桐箪笥(加茂桐箪笥など)の処分もご相談ください。

作家一覧

■友禅 田畑喜八、木村雨山、中村勝馬、上野為二、森口華弘、山田貢、羽田登喜男、田島比呂子、森口邦彦 、由水十久
■友禅楊子糊 山田栄一
■正藍染 千葉あやの
■江戸小紋 小宮康助、小宮康孝
■長板中形 松原定吉、清水幸太郎
■型絵染 芹沢銈介、稲垣稔次郎、鎌倉芳太郎 羅:喜多川平朗、北村武資
■精好仙台平 甲田栄祐、甲田綏郎
■唐組 深見重助
■有職織物 喜多川平朗、喜多川俵二
■献上博多織 小川善三郎、小川規三郎
■紬縞織 宗廣力三
■紬織 志村ふくみ、佐々木苑子
■佐賀錦 古賀フミ
■紅型 玉那覇有公
■綴織 細見華岳
■刺繍 福田喜重
首里の織物 宮平初子
■読谷山花織 与那嶺貞
■芭蕉布 平良敏子
■経錦 北村武資
■木版摺更紗 鈴田滋人
■辻が花 久保田一竹
■久留米絣 松枝玉紀
■龍村美術織物 龍村平蔵、龍村晋
■組紐 道明新兵衛、廣澤徳三郎 など

多摩市 着物 出張買取エリア

多摩市の主な地域
愛宕、一ノ宮、落合、落川、貝取、唐木田、乞田、山王下、諏訪、鶴牧、聖ヶ丘、馬引沢、百草、連光寺、和田

多摩市は、多摩川中流右岸に広がる。多摩丘陵の北端を占める。北端は多摩川、南端は多摩丘陵の稜線である。多摩川の支流である大栗川とその支流である乞田川が刻んだややひらけた谷状の地形を持つ。
市域はこの谷状の地形に沿って東北東から西南西方向に長い形状をなし、起伏にとんだ地形をなす。 北を東京都府中市、東京都日野市、西を東京都八王子市、南を東京都町田市、東を神奈川県川崎市麻生区、東京都稲城市に接する。多摩ニュータウンが市域南部から稲城市、町田市、八王子市にまたがって造成されている。

多摩市内の商業集積地の年間売上高としては多摩センター駅前と聖蹟桜ヶ丘駅前が突出した規模となっている。それぞれ東京都の「都心等拠点地区」と「一般拠点地区」に位置づけられている地区である。
これらは地理的には多摩センター駅周辺は八王子市と隣接し、聖蹟桜ヶ丘駅周辺は府中市・日野市に隣接する多摩市の端っこだが、どちらも多摩市都市計画マスタープランで「広域型商業・業務地」と位置付けられる多摩市の中心地である。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP