骨董品買取 美術品買取り│川口市「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

川口市にて骨董品・美術品の買取をしています。

骨董品買取・美術品買取 麻布マーケットでは、埼玉県川口市で骨董品・美術品・古美術品・掛け軸・古道具・茶道具・書道具・陶器・茶椀・仏像などの買取をおこなっています。経験、知識豊富な骨董の鑑定士が、眠っているお客様の大切な骨董品・美術品を丁寧にしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。



大切に保管されている骨董品・美術品、または、長い間しまったままの茶道具や書道具・骨董品・香木・珊瑚などがございましたら、鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

麻布マーケットの強みとして、骨董品・美術品に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。

主な買取品目

骨董品、美術品、古美術品、茶道具、金瓶、銀瓶、鉄瓶、茶釜、金茶釜、銀茶釜、火鉢、瀬戸火鉢、長火鉢、現代美術品、浮世絵、絵画、書画、古書画、陶磁器、日本絵画、壺、版画、原画、掛け軸、曼荼羅、茶碗、壷、香木、香炉、香合、茶入、釜、風炉、茶杓、花器、水指、置物、木彫、根付、仏像、密教法具、宗教法具、仏画、七宝、漆芸、工芸品、象牙、金工、金襴手、古伊万里、ガラス、古道具、鎧兜、甲冑、鉄砲、翡翠、珊瑚、赤珊瑚、珊瑚ジュエリー、金、プラチナ、弓具、太鼓、琵琶、尺八など

骨董品 出張買取エリア 埼玉県川口市

出張買取 エリア(埼玉県川口市は即日対応可能)

埼玉県川口市の主な地名
青木、赤井、赤山、朝日、安行、伊刈、江戸、石神、大竹、金山町、川口、木曽呂、行衛、小谷場、在家町、差間、末広、長蔵、辻、戸塚、仲町、蓮沼、原町、舟戸町、領家、道合、弥平

川口という市名の由来は正確にはわかっていないが、鎌倉時代後期に作られた日記文学『とはずがたり』に「小川口(こかわぐち)」という地名が記されており、後にこれが「川口」になったとされ、「小川口」の由来は、芝川と入間川(現・荒川)の合流地点に位置したことからとされている。
戦国時代には、太田氏や北条氏の支配を受けましたが、江戸時代に入るとほとんどが幕府直轄領となり、代官の支配下に入りました。見沼溜井や見沼代用水、赤堀用水などの灌漑治水によって農業が一層発展しました。また、日光御成道は徳川家康の霊廟を日光に移した1617年以降整備され、川口にも将軍の日光参詣に伴う休憩所(錫杖寺)や駅逓業務を行う問屋場がおかれました。 鋳物産業は、江戸中期以降は技術の確かさと江戸市民の需要増大によりますます盛んとなりその数もさらに増えて発展の一途をたどりました。明治末期には鋳物工場が150軒ほどになり、荒川や芝川の舟運を利用して原料や製品運搬が行われました。その後、川口町駅や新荒川大橋ができると鋳物産業を中心に飛躍的発展をとげ、「鋳物の街川口」の名は全国に知られるようになりました。
川口市は昭和8年、川口町・横曽根村・南平柳村・青木村の1町3村が合併して誕生しました。その後、昭和15年に、芝村・神根村・新郷村の3村、昭和31年に安行村、昭和37年に美園村の一部であった戸塚、そして平成23年10月11日に鳩ヶ谷市と合併し、現在の川口市となりました。

そんな、川口市に眠る、時代のお品、骨董品をお持ちの方は、「麻布マーケット」へご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP