骨董品買取 美術品買取り│川越市「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

川越市にて骨董品・美術品の買取をしています。

骨董品買取・美術品買取 麻布マーケットでは、埼玉県川越市で骨董品・美術品・古美術品・掛け軸・古道具・茶道具・書道具・陶器・茶椀・仏像などの買取をおこなっています。経験、知識豊富な骨董の鑑定士が、眠っているお客様の大切な骨董品・美術品を丁寧にしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。



大切に保管されている骨董品・美術品、または、長い間しまったままの茶道具や書道具・骨董品・香木・珊瑚などがございましたら、鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

麻布マーケットの強みとして、骨董品・美術品に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。

主な買取品目

骨董品、美術品、古美術品、茶道具、金瓶、銀瓶、鉄瓶、茶釜、金茶釜、銀茶釜、火鉢、瀬戸火鉢、長火鉢、現代美術品、浮世絵、絵画、書画、古書画、陶磁器、日本絵画、壺、版画、原画、掛け軸、曼荼羅、茶碗、壷、香木、香炉、香合、茶入、釜、風炉、茶杓、花器、水指、置物、木彫、根付、仏像、密教法具、宗教法具、仏画、七宝、漆芸、工芸品、象牙、金工、金襴手、古伊万里、ガラス、古道具、鎧兜、甲冑、鉄砲、翡翠、珊瑚、赤珊瑚、珊瑚ジュエリー、金、プラチナ、弓具、太鼓、琵琶、尺八など

骨董品 出張買取エリア 埼玉県川越市

出張買取 エリア(埼玉県川越市は即日対応可能)

埼玉県川越市の主な地名
青柳、新宿、伊佐沼、稲荷町、今泉、今福、牛子、上戸新町、扇河岸、大仙波、大塚、上松原、鴨田、川鶴、岸町、鯨井、木野目、寿町、栄、幸町、渋井、下赤坂、新富町、砂、寺尾、中台、富士見、松江町、的場、松郷、六軒町、脇田新町、脇田本町、脇田町

奈良・平安時代には、川越は「三芳野の里」と呼ばれ、伊勢物語には川越(みよし野)の様子が詠われている。平安時代になると、荘園が形作られ、武蔵七党の村山党の1つ・仙波氏を始め、地頭の古尾谷氏、山田氏など荘園を支配する武蔵武士が台頭し、都や国衙と繋がった。
徳川家康が関東に入封すると、松平氏と同族の譜代筆頭最古参で大老四家である雅楽頭酒井家の祖となる酒井重忠の所領となり、川越藩が立藩。酒井重忠は徳川家康の伊賀越えに功を上げ、三河国西尾城主から川越城に入ると、商人の座を廃止し楽市・楽座的政策で商業が繁栄する種を撒いた。江戸期より河越が川越に変わる。酒井重忠の弟で老中の酒井忠利は第2代藩主となり喜多院を再興、家康のブレイン・天海僧正は喜多院を拠点とした。徳川家光の乳母・春日局にも所縁がある。川越は鷹狩を楽しむ地でもあり、特に徳川家康から徳川家光までの将軍三代にかけては頻繁に長逗留した。
明治に入り、川越藩は廃藩となるも、城下町の産業・人材や資本の蓄積・文化の伝統から、埼玉県随一の商都・金融の中心地、米取引・穀物集散地として栄えた。
戦前までは日本一のコーデュロイ・ベッチンの産地でもあった。新興経済人である川越商人は自力で川越から鉄道を延ばし、教育や公共事業への強い情熱を抱いて様々な教育施設が整備された。日中戦争が始まるまで、埼玉県最大の人口であった。戦時中は軍の銅鐘などの供出要請に反対運動が起こり、文化財を守った。

そんな、川越市に眠る、時代のお品、骨董品をお持ちの方は、「麻布マーケット」へご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP