骨董品買取 美術品買取り│秩父市「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

秩父市にて骨董品・美術品の買取をしています。

骨董品買取・美術品買取 麻布マーケットでは、埼玉県秩父市で骨董品・美術品・古美術品・掛け軸・古道具・茶道具・書道具・陶器・茶椀・仏像などの買取をおこなっています。経験、知識豊富な骨董の鑑定士が、眠っているお客様の大切な骨董品・美術品を丁寧にしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。



大切に保管されている骨董品・美術品、または、長い間しまったままの茶道具や書道具・骨董品・香木・珊瑚などがございましたら、鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

麻布マーケットの強みとして、骨董品・美術品に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。

主な買取品目

骨董品、美術品、古美術品、茶道具、金瓶、銀瓶、鉄瓶、茶釜、金茶釜、銀茶釜、火鉢、瀬戸火鉢、長火鉢、現代美術品、浮世絵、絵画、書画、古書画、陶磁器、日本絵画、壺、版画、原画、掛け軸、曼荼羅、茶碗、壷、香木、香炉、香合、茶入、釜、風炉、茶杓、花器、水指、置物、木彫、根付、仏像、密教法具、宗教法具、仏画、七宝、漆芸、工芸品、象牙、金工、金襴手、古伊万里、ガラス、古道具、鎧兜、甲冑、鉄砲、翡翠、珊瑚、赤珊瑚、珊瑚ジュエリー、金、プラチナ、弓具、太鼓、琵琶、尺八など

骨董品 出張買取エリア 埼玉県秩父市

出張買取 エリア(埼玉県秩父市は即日対応可能)

埼玉県秩父市の主な地名
相生町、阿保町、荒川小野原、伊古田、和泉町、浦山、太田、大滝、大宮、久那、黒谷、定峰、品沢、栃谷、中津川、永田町、野坂町、番場町、堀切、蒔田、三峰、柳田町、吉田久長

「ちちぶ」の名は、早くから知られており、901~923年に成立したといわれる『旧事本紀』に納められている『国造本紀』によると「知知夫国造、瑞籬朝の御世に八意思兼命の十世の孫、知知夫彦命国造に定め賜ふ。」とあり、秩父地方が東国にあっていち早く国造が任命されたことになる。秩父郡域は概ね現秩父郡の全域と神川町、寄居町、ときがわ町、飯能市の一部を含むものと考えられている。
中世は、秩父地域に勢力を伸ばしていたのは武蔵七党の内、丹党中村氏で、居館は秩父市中村町にあったと考えられている。豊臣秀吉の小田原征伐を受け、1590年6月鉢形城の落城、同年7月に本拠地小田原城落城の後、後北条氏の支配を受けていた秩父地方は、関東に入国した徳川家康の支配下となる。秩父の生業は、田畑の他に現金収入が見込める養蚕が盛んであった。当時、上州桐生と並び秩父絹として隆盛を極め、各地に取引のための市が設けられた。幕末になると飢饉と圧政による「世直し一揆」とよばれる打毀しが起きた。
明治22年(1889年)頃の秩父市は、大宮町・原谷村・尾田蒔村・高篠村・大田村・影森村・浦山村・上吉田村・下吉田村・中川村・白川村・大滝村となった。養蚕は江戸時代以来、盛んであったが、外国への輸出が増加すると輸出向けと内地用の商品の分化がおこり、この内地用の生糸が秩父銘仙として発展していった。
大正期に入ると、上武鉄道(秩父鉄道)が、熊谷-秩父で運転を開始し、影森まで鉄道が整備され、秩父セメント株式会社が設立されると、セメントの輸送としても需要が多かった。  昭和25年、市制施行により秩父市となった。

そんな、秩父市に眠る、時代のお品、骨董品をお持ちの方は、「麻布マーケット」へご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP