骨董品買取 美術品買取り│横浜市「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

横浜市にて骨董品・美術品の買取をしています。

骨董品買取・美術品買取 麻布マーケットでは、神奈川県横浜市で骨董品・美術品・古美術品・掛け軸・古道具・茶道具・書道具・陶器・茶椀・仏像などの買取をおこなっています。経験、知識豊富な骨董の鑑定士が、眠っているお客様の大切な骨董品・美術品を丁寧にしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。



大切に保管されている骨董品・美術品、または、しまったままの茶道具や書道具・骨董品・香木・珊瑚などがございましたら、鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

麻布マーケットの強みとして、骨董品・美術品に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。


主な買取品目

骨董品、美術品、古美術品、茶道具、金瓶、銀瓶、鉄瓶、茶釜、金茶釜、銀茶釜、火鉢、瀬戸火鉢、長火鉢、現代美術品、浮世絵、絵画、書画、古書画、陶磁器、日本絵画、壺、版画、原画、掛け軸、曼荼羅、茶碗、壷、香木、香炉、香合、茶入、釜、風炉、茶杓、花器、水指、置物、木彫、根付、仏像、密教法具、宗教法具、仏画、七宝、漆芸、工芸品、象牙、金工、金襴手、古伊万里、ガラス、古道具、鎧兜、甲冑、鉄砲、翡翠、珊瑚、赤珊瑚、珊瑚ジュエリー、金、プラチナ、弓具、太鼓、琵琶、尺八など

骨董品 出張買取エリア 神奈川県横浜市

出張買取 エリア(神奈川県横浜市は即日対応可能)

神奈川 横浜市の区
鶴見区 神奈川区 西区 中区 南区 港南区 保土ケ谷区 旭区 磯子区 金沢区 港北区 緑区 青葉区 都筑区 戸塚区 栄区 泉区 瀬谷区

1590年、後北条氏が、豊臣秀吉に攻められて滅亡する。徳川家康が江戸に入り、横浜市域は徳川氏の領地となる。 江戸時代、市域の大部分は幕府直轄領または旗本知行地となり、2国4郡にわたる215の村々から成っていた。人口はおよそ10万人、2万世帯と推定される。市域には神奈川湊をはじめとして20以上の湊があり、廻船業が発達した。

1854年、アメリカ海軍提督ペリーが計9隻の黒船を率いて2度目の日本への来航。当時の横浜村は、賑わう東海道筋や神奈川宿・神奈川湊から離れ、80軒ほどの漁師小屋が建ち並ぶ半農半漁の寒村だった。

横浜市域は、南に接する鎌倉に鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から本格的に開発され始めた。江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占め、藩は小規模な六浦藩(金沢区)のみがおかれた。
江戸時代末期には、神奈川沖・小柴(旧・六浦湊外周部)で締結された日米修好通商条約により、「神奈川」を開港場にすることが定められた。実際には神奈川湊の対岸にある横浜村(現在の中区関内地区)に新たに港湾施設が建設され、短期間に国際港の体裁を整えた。
1859年に開かれた横浜港は「金港」とも呼ばれ、生糸貿易港、商業港、旅客港として、また工業港として急速に発展。横浜を日本の代表的な国際港湾都市へと発展させる礎となった。 1889年に市制が施行され、横浜市となった。

そんな横浜市に眠る、時代のお品、骨董品をお持ちの方は、「麻布マーケット」へご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP