骨董品買取 美術品買取り│秦野市「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

秦野市にて骨董品・美術品の買取をしています。

骨董品買取・美術品買取 麻布マーケットでは、神奈川県秦野市で骨董品・美術品・古美術品・掛け軸・古道具・茶道具・書道具・陶器・茶椀・仏像などの買取をおこなっています。経験、知識豊富な骨董の鑑定士が、眠っているお客様の大切な骨董品・美術品を丁寧にしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。



大切に保管されている骨董品・美術品、または、しまったままの茶道具や書道具・骨董品・香木・珊瑚などがございましたら、鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

麻布マーケットの強みとして、骨董品・美術品に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。


主な買取品目

骨董品、美術品、古美術品、茶道具、金瓶、銀瓶、鉄瓶、茶釜、金茶釜、銀茶釜、火鉢、瀬戸火鉢、長火鉢、現代美術品、浮世絵、絵画、書画、古書画、陶磁器、日本絵画、壺、版画、原画、掛け軸、曼荼羅、茶碗、壷、香木、香炉、香合、茶入、釜、風炉、茶杓、花器、水指、置物、木彫、根付、仏像、密教法具、宗教法具、仏画、七宝、漆芸、工芸品、象牙、金工、金襴手、古伊万里、ガラス、古道具、鎧兜、甲冑、鉄砲、翡翠、珊瑚、赤珊瑚、珊瑚ジュエリー、金、プラチナ、弓具、太鼓、琵琶、尺八など

骨董品 出張買取エリア 神奈川県秦野市

出張買取 エリア(神奈川県秦野市は即日対応可能)

神奈川 秦野市の主な地名
今泉、今川町、入船町、尾尻、落合、春日町、北矢名、寿町、小蓑毛、栄町、三屋、渋沢、下大槻、菖蒲、末広町、鶴巻、戸川、名古木、八沢、羽根、菩提、南ヶ丘、蓑毛、柳川、弥生町

秦野市の「秦野」という名称の由来については、いくつかの説があります。古墳時代にこの地を開拓した人々の集団「秦氏」(養蚕・機織りの技術にすぐれた渡来人の子孫の集団)の名に由来しているという説もそのひとつです。
承久元年(1219)正月27日夜、3代将軍源実朝は、鶴岡八幡宮の年頭の式に出席した帰りに、石段の所で兄頼家の遺子公暁により暗殺されました。公暁は実朝の首を抱えて逃走し、三浦義村の屋敷にむかいましたが、義村には北条氏より公暁追討が命じられており、そこで討たれました。三浦氏の家臣長尾定景父子とともに三浦義村より公暁を討ち取る命を受けた武常晴は、偶然に、実朝の首を得ることができました。常晴は、三浦氏と仲の悪かった波多野忠綱を頼り秦野の地に来て埋葬したと伝えられています。それが、現在東田原にある実朝の御首塚です。戦国時代には、北条氏が相模国を支配すると、その家来が秦野にも配置されました。田原・名古木を中心に足軽大将の大藤氏、曽屋・今泉に桑原氏、北矢名には山角氏らを配しました。
江戸時代、秦野地方では渋沢村及び足柄上郡に属していた八沢、菖蒲、柳川、三廻部、栃窪の各村々が小田原藩領となり、その他の大部分は幕府領となりました。
明治4年の廃藩置県により秦野地方は足柄県に属することになりました。その後統廃合により足柄県も神奈川県に吸収され、明治45年にほぼ今日の神奈川県の区域が確立されました。明治22年には秦野町、東秦野村、南秦野村、北秦野村、西秦野村、大根村、上秦野村の1町6村が誕生しました。

そんな秦野市に眠る、時代のお品、骨董品をお持ちの方は、「麻布マーケット」へご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP