骨董品買取 美術品買取り│厚木市「麻布マーケット」

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

厚木市にて骨董品・美術品の買取をしています。

骨董品買取・美術品買取 麻布マーケットでは、神奈川県厚木市で骨董品・美術品・古美術品・掛け軸・古道具・茶道具・書道具・陶器・茶椀・仏像などの買取をおこなっています。経験、知識豊富な骨董の鑑定士が、眠っているお客様の大切な骨董品・美術品を丁寧にしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。



大切に保管されている骨董品・美術品、または、しまったままの茶道具や書道具・骨董品・香木・珊瑚などがございましたら、鑑定・査定・高価買取させて頂きます。

麻布マーケットの強みとして、骨董品・美術品に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、安心してご相談ください。もちろん見積り・査定料金は無料です。処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。


主な買取品目

骨董品、美術品、古美術品、茶道具、金瓶、銀瓶、鉄瓶、茶釜、金茶釜、銀茶釜、火鉢、瀬戸火鉢、長火鉢、現代美術品、浮世絵、絵画、書画、古書画、陶磁器、日本絵画、壺、版画、原画、掛け軸、曼荼羅、茶碗、壷、香木、香炉、香合、茶入、釜、風炉、茶杓、花器、水指、置物、木彫、根付、仏像、密教法具、宗教法具、仏画、七宝、漆芸、工芸品、象牙、金工、金襴手、古伊万里、ガラス、古道具、鎧兜、甲冑、鉄砲、翡翠、珊瑚、赤珊瑚、珊瑚ジュエリー、金、プラチナ、弓具、太鼓、琵琶、尺八など

骨董品 出張買取エリア 神奈川県厚木市

出張買取 エリア(神奈川県厚木市は即日対応可能)

神奈川 厚木市の主な地名
愛甲、愛名、旭町、厚木、厚木町、吾妻町、飯山、及川、王子、岡田、恩名、金田、猿ケ島、三田、妻田、戸田、鳶尾、戸室、船子、みはる台、毛利台、元町、山際

厚木市は、相模平野の中央に位置し、温暖で山・川の自然環境に恵まれ、既に9千年前の縄文時代早期には、人々が定住したと推定され、その後の弥生・古墳時代においても遺構・遺物が数多く発見されている。
平安時代には、都から相模国府に通じる古代の道が愛甲の地を通り、愛甲郡の行政府である郡衙(郡家)が置かれていたものと考えられる。仏教の伝播を物語るものとしては、愛名宮地遺跡で瓦塔片が発掘されていることや、飯山湯気沢から出土した銅印(鋳造私印)の存在、飯山金剛寺・船子観音寺・戸田延命寺・酒井薬師堂の仏像がある。
鎌倉時代、源頼朝には多くの愛甲武士が仕えていた。鎌倉幕府滅亡後、建武新政権内においては本間忠秀などの活躍が見られる。「あつぎ」という地名が現存の史書上初めて登場するのは、南北朝期であり、建武5年(1338)夢窓疎石が、高師直にあてた書状の中に「相州厚木郷」と記されている。
江戸時代になると、厚木村の方が荻野新宿に比べ宿場町、産業、生産物の交易の場として発達し、貨物は往来にあふれるほど盛況を極めた。
明治4年(1871)、明治新政府による廃藩置県によって、市域に陣屋を構えていた荻野山中藩はそのまま荻野山中県となり、荻野山中陣屋に県庁が置かれた。
昭和2年(1927)、小田急線の新宿・小田原間の開通により、京浜方面への往来も一層活発した。昭和30年(1955)、町村合併促進法に基づき、愛甲郡厚木町、南毛利村、睦合村、小鮎村及び玉川村の1町4箇村が合併して厚木市制を施行し、更に同年7月に中郡相川村、愛甲郡依知村の2箇村を、翌31年9月には、愛甲郡荻野村を編入し厚木市が誕生した。

そんな厚木市に眠る、時代のお品、骨董品をお持ちの方は、「麻布マーケット」へご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP