陶器・茶碗買取 土浦市「麻布マーケット」陶磁器・陶芸・西洋陶磁器

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

土浦市にて陶器・茶碗の買取をしています。

陶器買取・茶碗買取 麻布マーケットでは、土浦市で陶器・茶碗・西洋陶磁器などの買取をおこなっています。

経験、知識豊富な専門の鑑定士が、眠っているお客様の大切な陶器・茶碗・陶磁器をしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきます。お気軽にご連絡ください。

麻布マーケットには、陶器・陶磁器・陶芸・西洋陶磁器に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、土浦市の皆様、安心してご相談ください。
もちろん見積り・査定料金は無料です。
処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。

作家一覧

■千家十職
大西 清右衛門(釜師)、楽 吉左衛門(陶器)、飛来 一閑(一閑張)、中村 宗哲(漆芸)、黒田 正玄(竹芸・茶杓)、土田 友湖(袋物師)、永楽 善五郎(陶芸・土風炉師)、奥村 吉右衛門(表具師)、中川 浄益(金物師)、駒沢 利斎(金物師) など

■陶芸家
富本 健吉(色絵磁器)、加藤 土師萌(色絵磁器)、藤本 能道(色絵磁器)、今泉 今右衛門(色絵磁器)、酒井田 柿右衛門(色絵磁器)、黒田 宗麿(鉄釉陶器)、清水 卯一(鉄釉陶器)、原 清(鉄釉陶器)、荒川 豊蔵(瀬戸黒)、鈴木 蔵(瀬戸黒)、浜田 庄司(民芸陶器)、島岡 達三(民芸陶器)、金重 陶陽(備前焼)、藤原 啓(備前焼)、山本 陶秀(備前焼)、藤原 雄(備前焼)、伊勢崎 淳(備前焼)、三輪 休雪(萩焼)、三輪 壽雪(萩焼)、中里 無庵(唐津焼)、近藤 悠三(染付)、塚本 快示(白磁・青白磁)、田村 耕一(鉄絵)、金城 次郎(琉球陶器)、松井 康成(練上手)、加藤 卓男(三彩)、井上 萬二(白磁)、三浦 小平二(青磁)、三代 徳田 八十吉(彩釉磁器)、三代 山田 常山(常滑焼)、吉田 美統(釉裏金彩)、五代 伊藤 赤水(無名異焼) など

■その他
八木 一夫、板谷 波山、加藤 唐九郎、河井 寛次郎、加守田 章二、北大路 魯山人、清風 与平、諏訪 蘇山、河村 蜻山、岡部 嶺男、鯉江 良二、楠部 彌弌、三輪 龍作、川喜田 半泥子、山田 光、小山 富士男、清水 六兵衛、熊倉 順吉、辻 清明、柳原 睦夫、秋山 陽、荒木 高子、イサム ノグチ、滝口 和男、深見 陶治、隠崎 隆一、栗木 達介、中村 六郎、藤平 伸、肥沼 美智雄、中村 錦平、西岡 小十、古谷 道生、安部 安人、加藤 清之、川瀬 忍、河本 五郎、重松 あゆみ、鈴木 治、長江 重和、和太 守卑良、バーナード リーチ、沈 寿官 など

■西洋陶磁器
マイセン、KPM、セーヴル、リモージュ、ローゼンタール、ロイヤルコペンハーゲン、ロイヤルダルトン、ロイヤルクラウンダービー、ミントン、ヘレンド、ババリア、ダヴェンポート、コールポート、ドレスデン、ロイヤルウースター、リヤドロ、ウエッジウッド、リチャード ジノリ、ロブマイヤー、ガレ、ラリック、バカラほか

陶器・茶碗出張買取エリア 土浦市

土浦市の主な地名
天川、 荒川、 有明町、 粟野町、 飯田、 生田町、 板谷、 今泉、 大岩田、 大志戸、 おおつ野、 大手町、 大畑、 大町、 北神立町、 木田余、 木田余西台、 木田余東台、 小岩田、 小岩田東、 小岩田西、 国分町、 湖北、 小松、 小松ケ丘町、 小山崎、 桜ケ丘町、 桜町、 佐野子、 沢辺、 宍塚、 城北町、 白鳥町、 菅谷町、 千束町、 高岡、 滝田、 立田町、 田土部、 田中、 田宮、 田村町、 千鳥ケ丘町、 中央、 都和、 手野町、 東崎町、 東城寺、 殿里、 中、 中荒川沖町、 永井、 中神立町、 中高津、 中都町、 中貫、 中村西根、 中村東、 中村南、 永国、 永国台、 永国東町、 並木、 西神立、 西並木町、 西根西、 西根南、 西真鍋町、 蓮河原新町、 蓮河原町、 東都和、 常名、 富士崎、 藤沢、 藤沢新田、 文京町、 本郷、 真鍋、 真鍋新町、 摩利山新田、 右籾、 港町、 虫掛、 紫ケ丘、 桃園、 矢作、 大和町、 若松町

土浦市にあたる地域にる后塚古墳や王塚古墳(ともに手野町)、武者塚古墳(上坂田)といった古墳は、ヤマト政権と手を結ぶ豪族の出現を物語る。律令制により常陸国が設けられ、その下に11の郡が置かれたが、現在の土浦市中心部は当時の茨城郡に属し(のちの太閤検地の際に新治郡所属とされた)、市域は筑波郡・河内郡・信太郡にもまたがる。
平安時代末期に志田義広が本拠を構え、鎌倉幕府成立後は八田知家が地頭として関わった。以後志田荘は、八田知家の末裔で小田城(現在のつくば市小田)に拠った小田氏の勢力下に置かれた。慶長9年、水戸街道(陸前浜街道)が整備され、現在の市域には江戸千住方面から水戸方面へ順に、荒川沖宿、中村宿、土浦宿、中貫宿の4つの宿場が置かれた(このほか、土浦宿と中貫宿の間の宿として真鍋宿がある)。街道は土浦の城下町を通っており、本陣・旅籠・問屋が置かれて土浦は宿場町としての性格も具えることになった。土浦は水戸街道と、霞ヶ浦水運が結びつく水陸交通の要地であり、多くの商家が軒を連ねた。土浦は常陸国では水戸に次ぐ第二の都市として繁栄した。明治維新期、廃藩置県後の明治4年に新治県が設置され、土浦はその県庁所在地となった。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP