陶器・茶碗買取 下妻市「麻布マーケット」陶磁器・陶芸・西洋陶磁器

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829

Tel. 03-3452-1327
電話受付:8:00~21:00
kaitori@azabu-market.jp

下妻市にて陶器・茶碗の買取をしています。

陶器買取・茶碗買取 麻布マーケットでは、下妻市で陶器・茶碗・西洋陶磁器などの買取をおこなっています。



経験、知識豊富な専門の鑑定士が、眠っているお客様の大切な陶器・茶碗・陶磁器をしっかり鑑定し、査定、高価買取させていただきます。お気軽にご連絡ください。

麻布マーケットには、陶器・陶磁器・陶芸・西洋陶磁器に精通した専門家がいますので、ご用命の際に複数分野にわたり、品物をまとめて対応したい場合などでも、それぞれ丁寧に査定させていただきますので、下妻市の皆様、安心してご相談ください。
もちろん見積り・査定料金は無料です。
処分なさる前にお気軽にこちらのフリーダイヤル 0120-05-2829 までお問い合わせください。

作家一覧

■千家十職
大西 清右衛門(釜師)、楽 吉左衛門(陶器)、飛来 一閑(一閑張)、中村 宗哲(漆芸)、黒田 正玄(竹芸・茶杓)、土田 友湖(袋物師)、永楽 善五郎(陶芸・土風炉師)、奥村 吉右衛門(表具師)、中川 浄益(金物師)、駒沢 利斎(金物師) など

■陶芸家
富本 健吉(色絵磁器)、加藤 土師萌(色絵磁器)、藤本 能道(色絵磁器)、今泉 今右衛門(色絵磁器)、酒井田 柿右衛門(色絵磁器)、黒田 宗麿(鉄釉陶器)、清水 卯一(鉄釉陶器)、原 清(鉄釉陶器)、荒川 豊蔵(瀬戸黒)、鈴木 蔵(瀬戸黒)、浜田 庄司(民芸陶器)、島岡 達三(民芸陶器)、金重 陶陽(備前焼)、藤原 啓(備前焼)、山本 陶秀(備前焼)、藤原 雄(備前焼)、伊勢崎 淳(備前焼)、三輪 休雪(萩焼)、三輪 壽雪(萩焼)、中里 無庵(唐津焼)、近藤 悠三(染付)、塚本 快示(白磁・青白磁)、田村 耕一(鉄絵)、金城 次郎(琉球陶器)、松井 康成(練上手)、加藤 卓男(三彩)、井上 萬二(白磁)、三浦 小平二(青磁)、三代 徳田 八十吉(彩釉磁器)、三代 山田 常山(常滑焼)、吉田 美統(釉裏金彩)、五代 伊藤 赤水(無名異焼) など

■その他
八木 一夫、板谷 波山、加藤 唐九郎、河井 寛次郎、加守田 章二、北大路 魯山人、清風 与平、諏訪 蘇山、河村 蜻山、岡部 嶺男、鯉江 良二、楠部 彌弌、三輪 龍作、川喜田 半泥子、山田 光、小山 富士男、清水 六兵衛、熊倉 順吉、辻 清明、柳原 睦夫、秋山 陽、荒木 高子、イサム ノグチ、滝口 和男、深見 陶治、隠崎 隆一、栗木 達介、中村 六郎、藤平 伸、肥沼 美智雄、中村 錦平、西岡 小十、古谷 道生、安部 安人、加藤 清之、川瀬 忍、河本 五郎、重松 あゆみ、鈴木 治、長江 重和、和太 守卑良、バーナード リーチ、沈 寿官 など

■西洋陶磁器
マイセン、KPM、セーヴル、リモージュ、ローゼンタール、ロイヤルコペンハーゲン、ロイヤルダルトン、ロイヤルクラウンダービー、ミントン、ヘレンド、ババリア、ダヴェンポート、コールポート、ドレスデン、ロイヤルウースター、リヤドロ、ウエッジウッド、リチャード ジノリ、ロブマイヤー、ガレ、ラリック、バカラほか

陶器・茶碗出張買取エリア 下妻市

下妻市の主な地名
赤須、 伊古立、 石の宮、 今泉、 江、 大木、 大木新田、 大串、 大園木、 長萱、 小島、 小野子町、 数須、 鎌庭、 亀崎、 加養、 唐崎、 北大宝、 鬼怒、 桐ケ瀬、 鯨、 黒駒、 五箇、 坂井、 坂本新田、 砂沼新田、 下宮、 尻手、 柴、 渋井、 渋田、 下木戸、 下栗、 下田、 下妻甲、 下妻乙、 下妻丙、 下妻丁、 下妻戊、 神明、 関本下、 宗道、 大宝、 高道祖、 田下、 田町、 筑波島、 中居指、 中郷、 長塚、 新堀、 二本紀、 羽子、 原、 半谷、 比毛、 肘谷、 樋橋、 平方、 平川戸、 平沼、 福田、 袋畑、 古沢、 別府、 堀篭、 本宿町、 本宗道、 前河原、 見田、 皆葉、 南原、 村岡、 本城町、 柳原、 谷田部、 山尻、 横根、 若柳

下妻市にあたる地域の歴史は古く、承平4年に編集された「和名類聚抄」に「しもつま」と記されています。中世に入ると結城氏の家臣だった多賀谷氏が下妻33郷の領主となり下妻市周辺を支配します。多賀谷氏は結城家4大重臣の1家として勢力を拡大していきますが、独立した大名になるべく画策し、戦国時代末期には佐竹氏に従属し周辺の小田氏や小田原北条氏に対抗し領土を広げました。小田原の役では豊臣秀吉に臣従し6万石が安堵されますが結城家家臣という格式だった為、佐竹氏派と結城家派に分裂します。関ヶ原の合戦では結城家派は東軍に属し、佐竹氏派は東西中立を保った為、結城家派は結城家家臣3万石が認められ、佐竹氏派は領地が没収され佐竹氏に従い秋田に下向しました(多賀谷氏は檜山領主に赴任しています。)。江戸時代に入ると慶長11年に徳川頼房が10万石で入り下妻藩を立藩、元和元年からは松平忠昌、その翌年からは松平定綱が入り定綱が遠江掛川城に移封される一端廃藩となります。正徳2年井上正長が1万石で入封すると改めて下妻藩を立藩し、下妻陣屋を築き領内を整備します。下妻市中心部は城下町だけでなく瀬戸井街道の宿場町、小貝川、鬼怒川舟運の川港町として多くの物資が運び込まれ経済的に大きく発展しました。

お気軽にお問い合わせください。

固定電話・携帯・スマホ対応・フリーダイヤル
0120-05-2829
Tel. 03-3452-1327
Fax. 03-6453-6624
電話受付:8:00~21:00
Mail:kaitori@azabu-market.jp

古物商許可番号 第301110907533号
買取センター・麻布マーケット
〒105-0014 東京都港区芝2丁目1-23

不動産業者・解体業者様向け

当社について

↑ PAGE TOP